自宅のネット開通までのつなぎにおすすめな激安ネット回線はどれ?

光回線などの自宅向けネット回線は開通まで時間がかかる

光回線などの自宅向け固定回線は、開通工事を行わなければ利用を開始できません。

光回線は電波でなくケーブルを使って通信をするしくみなので、利用するには自宅内まで光ファイバーのケーブルを直接引き込まなければいけないためです。

つまり自宅のネット回線は、申し込んでから使い始めるまでに一定期間の待ち時間が発生することにご注意ください。

光回線の開通までにかかる時間の例

光回線が自宅で開通するまでにかかる時間の例を、表にまとめました。 *2020年新型コロナウィルス発生後の調査です。

光回線名公式サイト記載の待ち時間
フレッツ光3週間程度
ドコモ光2週間(10ギガプランは1ヶ月半)
ビッグローブ光最短10日以降
auひかり戸建住宅:1~2ヶ月、集合住宅:2週間
ソフトバンク光最短6営業日
NURO光戸建住宅:1~2ヶ月、集合住宅:1~3ヶ月
※関東以外はそれぞれ+1~2ヶ月かかる場合あり

見てのとおり各社で待ち時間は異なり、一番長いのはNURO光の最大3ヶ月程度(関東エリア以外はさらに伸びる場合もある)でした。

反対に短い期間で開通すると謳われているのは、最短6営業日のソフトバンク光や10日以降のビッグローブ光です。

ただし表に記載した待ち時間はそれぞれあくまで目安、実際は引っ越しシーズンで混み合うなどの理由から、もっと長くかかってしまうケースもあるのでご注意ください。

ネット開通までのつなぎにはポケットWi-Fiがおすすめ

テレワーク等ですぐに自宅用のネット回線を用意する必要がある場合、光回線などの自宅向けインターネット回線だと待ち時間が長く、すぐには使い始められません。

しかしデータのやり取りやビデオ通話などを安定した状態で行うには、光回線のような高速のネット回線を使ったほうが安心なのも事実です。

携帯電話からのテザリングやポケットWi-Fi系のサービスだと通信が不安定だったり、通信上限で速度制限がかかるなどのトラブルが起こる可能性もあるので、事業やゲームなど通信の速さ・安定性が重要な用途で使う場合にはあまりおすすめできません。

光回線を使いたいけれど待ち時間が心配…という場合は、光回線と同時に解約金無しなどの短期契約可能なポケットWi-Fiを申し込んでみてはどうでしょうか。

ポケットWi-Fiやホームルーターはルーターを受け取ればすぐに利用を開始できる

ポケットWi-Fiやホームルーターは、ルーターを受け取って電源を入れればすぐに使い始められます。

1~2ヶ月後など、将来的には光回線を使うことを見越しつつ、ひとまずはつなぎとしてすぐに使えるポケットWi-Fi等を用意すれば、すぐに自宅向けのネット環境を整えられます。

光回線が開通したらポケットWi-Fiなどのつなぎ回線は解約してしまえばOK、レンタル式や短期契約のサービスなら、高額な違約金がかかる心配はありません。

Web申し込みなら最短翌日などにルーターを受け取れる

Webから申し込めるポケットWi-Fiやホームルーターのサービスは、最短即日で発送してもらえるので、早ければ申し込んだ翌日には利用を開始できるのが大きなメリットです。

Web申し込みなら店頭に足を運んで手続きをする手間・時間がかからないため、仕事などで忙しくても気軽に申し込めるのも魅力となっています。

店頭申込は取り扱うサービスやお店にある在庫に注意

家電量販店などの店頭でポケットWi-Fiやホームルーターを申込む場合は最短即日に利用を開始できるのがメリットですが、いくつか注意したいことがあります。

まずお店によって、申し込めるポケットWi-Fi等のサービスの種類が異なっていることです。

希望のサービスを選べず、割高だったり速度が遅かったりするものを選ばなければいけなくなったり、希望のサービスを取り扱う店舗を探したりする手間がかかることに注意しましょう。

またルーターの在庫がないなどの理由から即日で利用を開始できなかったり、Web申込みで受けられるキャッシュバックなどの特典がなく、割高だったりするケースもあります。

ソフトバンク光を申し込めば、開通までポケットWi-Fiを無料でレンタル可能!

高速な光回線を申し込みつつ、開通までのつなぎのインターネット回線も用意したい場合におすすめなのは、ソフトバンク光です。

月額料金(税抜)戸建住宅:5,200円/集合住宅:3,800円
最大速度上下1Gbps
提供エリア日本全国(NTTフレッツ光エリア)
スマートフォンとのセット割ソフトバンク・Y!mobileスマートフォンが毎月最大1,000円(税抜)×10回線の割引(オプション月額500円~必須)

ソフトバンク光では、光回線の開通までポケットWi-FiやAirターミナルをレンタルできるキャンペーンが開催されています。

1つのサービスの申込みで光回線+つなぎのWi-Fiサービスを利用できるので、手間を減らせるのが嬉しいですね。

ソフトバンク光の開通前Wi-Fiレンタルサービスの特徴を解説!

ソフトバンク光で開催されている開通前のWi-Fiレンタルサービスでは、SoftBank Airのホームルーター「Airターミナル」か、Pocket WiFiを無料で借りられます。

手続きはソフトバンク光の申込時にキャンペーンを申請すればOKで、基本的にはAirターミナルが貸し出され、SoftBank Airがエリア外の場合のみPocket WiFiが貸し出されます。

申込みから4~7日程度でルーターが届き、光回線が開通して使い終わったら着払いで返送すればキャンペーンは終了です。

ただしルーターを提供終了日(ソフトバンク光の申込み日から起算して180日目または開通日のどちらか早い方)翌月20日までに返却しなかったり、ルーターを壊してしまったりした場合のみ以下の費用がかかるのでご注意ください。

 ルーターの修理・交換費用ルーター未返却
SoftBank Air16,000円33,000円
Pocket WiFi9,500円25,000円

開通前レンタルを利用する際は、ルーターを大事に取り扱って壊さないようにし、利用終了時は速やかに返送するよう気をつけてください。

ソフトバンク光はキャッシュバックなど、その他のキャンペーンも充実!

ソフトバンク光では、開通前のWi-Fiルーターレンタルサービスに加えて、キャッシュバックや乗り換え費用負担などの豪華なキャンペーンが展開されています。

2021年1月時点での主なキャンペーン内容を、以下にまとめました。

<ソフトバンク光・2021年のキャンペーン>

  • (エヌズカンパニー限定)新規申し込みで36,000円、転用・事業者変更で15,000円のキャッシュバック
  • (エヌズカンパニー限定、36,000円キャッシュバックとは併用不可)新規申し込みで31,000円キャッシュバック+Wi-Fiルーター進呈
  • 最大20,000円の公式キャッシュバック
  • 最大24,000円の公式キャッシュバック(発生した工事費に応じて還元)
  • ADSLからの乗り換えによる開通工事費無料
  • ソフトバンク申込み+おうち割光セット加入時の他社携帯電話解約費用9,500円割引
  • 他社違約金・撤去工事費最大100,000円キャッシュバック

代理店エヌズカンパニーやソフトバンク公式からのキャッシュバックを受け、お得に利用を開始できるのもソフトバンク光の見逃せないメリットです。

詳細はこちら↓

ソフトバンク光最新キャンペーン情報

 

NURO光もルーターレンタルを実施中!費用や光回線本体の開通までの待ち時間に注意

ソフトバンク光以外には、NURO光でもレンタルWi-Fiの提供キャンペーンが展開されています。

NURO光の基本情報は、以下の表にまとめました。

月額料金(税抜)4,743円
最大速度下り2Gbps・上り1Gbps
提供エリア北海道、関東、東海、関西、九州(福岡、佐賀のみ)
スマートフォンとのセット割ソフトバンクスマートフォンが毎月最大1,000円(税抜)×10回線の割引(月額300~500円のNURO光でんわ契約必須)

NURO光のルーターレンタルはソフトバンク光とは異なり、無料のキャンペーンではありません。

1日32円の利用料金と、受取・返却時に手数料が1台500円(税抜、2台以上は1,000円・合計4台まで、ポスト返却時は1台470円)がかかります。

またWi-Fiルーターの配送には3週間~1ヶ月程度と長めの時間がかかること、そしてNURO光自体も1ヶ月~最大5ヶ月程度の長い開通時間がかかるので、合わせてご注意ください。

詳細はこちら=NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

ソフトバンク光以外の光回線を申し込む際につなぎのルーターを早く使い始めたい場合は、次項より紹介するレンタルや短期契約対応のポケットWi-Fiサービスを申し込むのがおすすめです。

モンスターモバイルなどの短期契約可能なWi-Fiサービスもおすすめ!

モンスターモバイルなど、契約期間の縛りがなかったり、短期解約ができたりするポケットWi-Fiサービスなら、気軽に契約・解約ができるので自宅のネット回線開通までのつなぎとしての利用に最適です。

おすすめのポケットWi-Fi系サービスを、それぞれ紹介します。

モンスターモバイルは縛りなしプランを提供!短期契約できる安価なポケットWi-Fi

モンスターモバイルは、1年契約または契約期間無しで利用可能なポケットWi-Fiサービスです。

契約期間のない「縛りなしプラン」の月額料金や速度、利用回線といった基本情報を、以下の表にまとめました。

月額料金(税抜、通信量は1日ごと)2GB2,980円、3GB3,480円、5GB3,980円
最大速度上り50Mbps・下り150Mbps
利用回線ドコモ、au、ソフトバンク

モンスターモバイルのルーターにおける通信速度はWiMAXなどに比べると遅めですが、ビデオ通話や文書ファイルの送受信、ネットサーフィンといった一般的な用途は問題なくこなせます。

モンスターモバイルは料金も安く、月額3,000円程度から使えるので、つなぎのネット回線に最適です。

ただしモンスターモバイルは1日に使える通信量に上限があるので、1日最大5GBで足りない場合は、続いて紹介するY!mobileのPocket WiFiやWiMAXを検討してみてください。

Y!mobileのPocket WiFiは契約期間なし!気軽に利用可能

Y!mobileのPocket WiFiは、契約期間がなく気軽に利用でき、月間の通信量に上限もありません。

月額料金(税抜、アドバンスオプション適用)4,380円
最大速度(803ZT)上り46Mbps・下り838Mbps
利用回線Y!mobile(ソフトバンク回線)
※ルーター代が別途10,800円(Y!mobileオンラインストア利用時)かかります。

通信量の上限がないので動画など大きめなファイルのデータも送受信可能ですが、注意したいのは速度制限の存在です。

直近3日間に10GB以上通信していると、18時~1時にかけて速度が1Mbps程度まで下がるので、ビデオ通話やネットサーフィンなどでの安定した通信は少々厳しめになります。

しかし速度制限の条件を満たしていても昼間なら制限はかからないので、朝~夕方にかけての仕事で使うのであれば、速度制限を気にする必要はありません。

そしてY!mobileのPocket WiFiはルーターを購入する必要があるため、端末を未所有の場合契約時にかかる費用が高めになってしまうことにも注意が必要になります。

ネットスカウター編集長
編集長
Y!mobileの速度制限は3日で10GBですので、モンスターモバイルの1日5GBより少ない事にまず注意です。 そしてポケットWifiの端末をお持ちの方はいいですが、新規購入の場合は最安でも10,000円以上です。さらに月額もモンスターモバイルより高く、WiMAXより速度は遅いので、特別な事情がない場合はあまりおすすめできません。

縛りなしWi-Fiは契約期間がない縛りなしプランを展開!

縛りなしWi-Fiは、レンタル契約のポケットWi-Fiサービスです。

月間または日間の通信量上限が決まっている、3つのプランを展開しています。

月額料金(税抜)1日2GB3,300円、月20GB3,000円、月50GB3,250円
最大速度(FS030W)上り50Mbps・下り150Mbps
利用回線ソフトバンク(一部プランはWiMAX)

毎月最大50GB、または1日2GB=30日換算だと合計60GBまで通信できるので、使う用途などを考慮しつつ検討してみてください。

レンタル式なのでルーターの購入費用やプランの違約金は不要ですが、解約タイミングが解約申し込みの翌月末になるので、間違えないよう注意しながら使いましょう。

詳細はこちら↓

縛りなしWifiの料金・解約方法

UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXは縛り無しや短期契約のプランも展開!

WiMAXは2~3年程度の契約期間が決まっているプロバイダ(申し込み窓口)も多いですが、中には短期契約に対応するプロバイダもあります。

UQ WiMAXは契約期間なし、BIGLOBE WiMAXは1年契約での申し込みが可能です。 *BIGLOBEは1年契約と言っても、1年以内の解約金は1,000円のみですので、実質契約期間なしと考えられます。

ただしY!mobileのPocket WiFiと同様、ルーターの購入が必要になることにご注意ください。

月額料金(税抜)UQ WiMAX:4,050円/BIGLOBE WiMAX:3,980円
最大速度(W06)上り75Mbps・下り1.2Gbps
契約期間UQ WiMAX:なし/BIGLOBE WiMAX:1年
端末代(税抜、W06)UQ WiMAX:15,000円/BIGLOBE WiMAX:19,200円
キャンペーンBIGLOBE WiMAX:キャッシュバック15,000円
利用回線WiMAX
※BIGLOBE WiMAXは、1年以内の解約だと1,000円(税抜)の違約金が発生します。

BIGLOBE WiMAXの違約金はわずか1,000円(税抜)、ルーター代もキャッシュバックを考慮すると約5,000円と安価なので、迷ったらBIGLOBE WiMAXをおすすめします。

ネットスカウター編集長
編集長
高速Wifiにこだわる方はWiMAXがおすすめですが、中でもつなぎで使うなら解約金の安さとキャッシュバックから考えて、このビッグローブWiMAXが最もおすすめです。

詳細はこちら↓

なお、UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXはルーター持ち込みでの契約にも対応しています。

解約後もWiMAXのルーターを所持していれば、解約後また引っ越しなどでつなぎのネット回線を用意しなければいけなくなったときに新しくルーターを買う必要がないので安心です。

そしてWiMAXは「直近3日間に10GB以上通信すると、翌日18時~翌々日2時にかけて速度を概ね1Mbpsに制限」というルールがあることにご注意ください。

昼間に事業などで使うなら問題ありませんが、夜間に動画再生やネットサーフィンなどを活用したい場合は、たくさん使っていると速度制限で快適さが損なわれる可能性もあります。

UQ WiMAXはこちら↓

引っ越しシーズンは光回線の工事待ちが長くなりがちで、ポケットWifiは端末の在庫切れを起こしやすくなるデメリットがあります。

反対に引っ越しシーズンのメリットは、キャッシュバックが通常より増額されたり、工事費無料などのキャンペーンが開始されたりと特典が増加傾向になります。

ネットスカウターでは、引っ越しシーズンのメリット・デメリットと最新キャンペーン情報を詳しく・わかりやすく解説しています。

大きな特典を逃さないよう、下記ページで事前チェックを欠かさずに行って下さい!

① 各インターネット回線ランキング