ネット契約の最高条件を探し出す! インターネット回線の総合サイト

【簡単!】ドコモ光のエリアを2クリックで調べる方法

ドコモ光を利用したいと考えているなら、まず最初にすべきことは利用予定地がドコモ光の対応エリアかどうかを調べることですね。
ドコモ光の対応エリアをネットで簡単に調べる方法、そして対応エリア外と判定された時の対処法や対応エリア内でも注意しておきたい点を解説します。

ドコモ光対応エリアはフレッツ光で検索できる

ドコモ光で提供しているプランのうち、「タイプA」または「タイプB」の対応エリアは、NTTフレッツ光の公式サイトでチェックできます。
ドコモ光は光コラボレーションという、フレッツ光から回線を借りている光回線サービスの1つなので、対応エリアもNTTフレッツ光と同じになるわけですね。

東日本のドコモ光対応エリア検索方法

次の都道府県にお住いの方は、NTTフレッツ光 東日本公式サイトで対応エリアかどうかチェックできます。(こちら=フレッツ光マップエリア検索
北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨木・栃木・群馬・新潟・長野(※)・山梨・静岡(熱海市と裾野市の一部)・富山(中新川郡立川町の一部)
※長野県の一部エリアは、フレッツ光 西日本の対応エリアとなります。

検索する手順は次の通りです。

  1. NTTフレッツ光 東日本公式サイトにアクセス
  2. TOPページにある「提供エリアの確認はこちら」にドコモ光を利用したい住所の郵便番号を入力し、「郵便番号から確認」をタップ※住所から調べる場合はその隣の「住所から確認」をタップ
  3. 該当する住所の候補が表示されるので、当てはまる住所を選択し「次へ」をタップ
  4. 「戸建て」か「集合住宅」かを選択し「次へ」をタップ
  5. 「集合住宅」の場合のみ建物名を選択する

住所選択後、「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」と表示されれば、ドコモ光の対応エリアになります。

西日本のドコモ光対応エリア検索方法

下記の都道府県にお住いの方は、NTTフレッツ光 西日本公式サイトで対応エリアかどうかチェックできます。 (こちら=フレッツ光マップエリア検索
富山(※)・石川・福井・愛知・静岡(※)・三重・岐阜・長野(木曽郡南木曽町田立の一部)・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
※富山県と静岡県の一部エリアは、フレッツ光 東日本の対応エリアとなります。

  1. NTTフレッツ光 西日本公式サイトにアクセス
  2. TOPページの「フレッツ光新規申し込みのお手続きはこちら(フレッツ光提供エリアの確認)」をタップ(※提供エリアを調べるだけなら申し込みにはなりません)
  3. 「かんたんお申し込み」または「通常のお申し込み」どちらでもいいので選択
  4. 「戸建て住宅」か「マンション(集合住宅)」かをドコモ光利用予定の建物のタイプに合わせて選択
  5. 郵便番号・都道府県・電話番号いずれかを入力し「次へ」をタップ
  6. 該当する住所の候補が表示されるので、当てはまる住所を選択する

住所選択後、「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」と表示されれば、ドコモ光の対応エリアです。

ドコモ光タイプC対応エリアは提携CATVサイトで検索

ここまでに紹介したフレッツ光公式サイトから調べる方法は、ドコモ光の「タイプA」および「タイプB」プランに申し込む時に使える方法です。
ドコモ光にはもう1つ、CATV(ケーブルテレビ)の設備を使う「タイプC」プランがあります。

ドコモ光「タイプC」の提供エリアは、提携するCATVの提供エリアで決まるので、こちらの対応エリアはフレッツ光の公式サイトでは調べられません。
大まかな対応エリアは、ドコモ光公式サイトのタイプCのページにも載っていますが、より詳しくタイプCの対応エリア調べたいなら、各CATVの公式サイトをチェックしましょう。(こちらから=ドコモ光タイプC検索

ドコモ光対応エリアでもマンション住まいは注意!

光回線といえば、1Gbpsの高速通信を期待されている方も多いと思います。
実際、ドコモ光も最大通信速度1Gbpsと高速です。
ただし、マンションなどの集合住宅の場合は、必ずしも最大通信速度1Gbpsになるとは限りません。

集合住宅の場合は、建物の共有部分にまで光回線を引き、そこから回線に加入した各戸に向けて引いていくことになります。
この共有部分から各戸に引く配線には3つの種類があり、どれが使われているかで最大通信速度が変わってきます。

  • 光回線:最大1Gbps
  • VDSL:最大100Mbps
  • LANケーブル:最大100Mbps

どの配線方式が使われるかはマンションごとに変わってくるため、自分で選ぶことはできません。
「最大1Gbpsの速度でインターネットを使いたい」というマンション住まいの方は次に紹介する方法であらかじめ配線方式を調べておきましょう。

ドコモ光対応マンションか調べる方法

ドコモ光利用予定のマンションで、3つの配線方式のうちどれが使われるのかも、フレッツ光の対応エリア確認ページでチェックできます。
まず、フレッツ光の対応エリア確認ページで、利用予定のマンション名まで入力して検索しましょう。 (こちら=フレッツ光マップエリア検索

対応エリアだった場合は、ページ下部に利用できるプラン名が表示されます。
そこに表示されたプラン名が下のどれかだった場合は、ドコモ光でも最大1Gbpsの光回線方式が利用できますよ。

(東日本の場合)フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
(西日本の場合)フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼

上記以外のプラン名が表示されたら、ドコモ光でも速度の遅いLANケーブルまたはVDSL方式になる可能性が高いと言えます。

マンションなのに戸建てタイプ対応と判定される?

マンション名を入力したのに「戸建てタイプ」が利用可能と判定されることがあります。
マンションでも、共有部分にまでフレッツ光回線が導入されていないマンションでも、戸建てタイプのように各戸に直接フレッツ光回線を引き込める工事が可能なマンションだと、このように表示されることがあります。

このように表示される場合、マンションの管理会社や大家さんに許可が取れるのであれば、戸建てタイプで契約可能です。
マンションで戸建てタイプの契約をすると、通常のマンションタイプより月額料金は高くなるというデメリットはあります。
その代わり、通常のマンションタイプと比較して、夜などの回線が混雑しやすい状況でも回線速度が安定しやすくなりますよ。

ドコモ光のおすすめプロバイダ

現在、最もおすすめのドコモ光プロバイダはこちら↓で解説しています。

ドコモ光のプロバイダ選びで迷っている人へ~プロバイダ変更方法も教えるよ~

対応エリア外だった時の対処法

ここからは、ドコモ光を利用したい住所や建物が対応エリア外だった時の対処法を解説していきます。

マンションは管理会社の許可が出ればOKのことも

「ドコモ光対応エリア内だけど、マンションにはドコモ光未導入」というケースなら、管理会社や大家さんの許可を取ればドコモ光を導入できる可能性はあります。
マンションで対応エリア外と出たけれど、どうしてもドコモ光を利用したい時は管理会社に相談してみましょう。

ドコモ光以外の光回線は利用可能?

お住まいの地域がドコモ光対応エリア外だった場合、フレッツ光および光コラボレーションサービスは全て対応エリア外ということになります。
フレッツ光とは違う回線を使っている光回線としては、「auひかり」と「NURO光」があります。
どっちもそれぞれの公式サイトから対応エリアを検索できるので、一度チェックしてみましょう。

光回線以外のインターネット回線を利用する

ドコモ光などの光回線の対応エリア外にお住いの場合、別の回線の利用も検討してみましょう。
光回線に代わる候補としては、WiWMAXなどのWiFiルーターサービスがおすすめ。
WiFiルーターサービスは通信速度の速さ・安定性では光回線に劣りますが、工事不要で使えて、光回線未対応エリアや工事ができないマンションでも利用できるというメリットがあります。

NE・松本
NE・松本
何らかの理由で光回線など固定回線を引くことが出来ない場合、代わりになるインターネット回線の第一候補はホームルーターになります。
ホームルーターとは、ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)の置き型タイプとお考え下さい。
このホームルーターは、家に固定で置くことを前提にしたもので、モバイルWiFiの携帯可能という大きなメリットを捨て、通信速度の安定性を増加させています。実際、通常のポケットWiFiよりはるかに安定感がありますので、家でしか使わなくても問題がないなら十分に光回線の代用になると思います。

WiMAX

UQコミュニケーションズが提供するWiFiルーターサービス。
最新機種なら、LANケーブルなどの有線接続時に最大通信速度1Gbpsでインターネットが利用できます。
WiFi接続時でも、最大440Mbps~867Mbpsと高速通信が可能です。

使える端末は、据え置き型のホームルータータイプの他、外出先に持ち運びも可能な利用可能なモバイルルータータイプも選択できます。
また、UQ mobileやauのスマホとセットで使えば、スマホの月額料金もセットで安くなるという特典もあります。
ただし、光回線と同じく提供エリアが決まっているので、申し込む前にエリアチェックはお忘れなく。

ホームルーターのおすすめは別ページで説明しています。
こちら→ 【最新・辛口】2020 工事不要のホームルーター比較 !おすすめランキング

どんなときもWiFi

2019年4月より開始した新しいモバイルWiFiルーターサービスです。
1台のモバイルルーターでドコモ・au・ソフトバンク全ての4G LTE回線を利用できるとのことで、スマホが繋がるエリアならほぼ日本全国どこでもインターネットが使えるようになります。
ドコモ光とWiMAX、両方対象エリア外の方も、スマホの4G LTEが繋がるならどんなときもWiFiが使える可能性があります。また完全無制限と宣伝もしています。

ただし「無制限」を売りにしていますが、公式HPをよく読むと、「制限がかかる場合がある」とあったり、「ドコモ、au、ソフトバンクの回線が全て使用できるメリット」とありますが、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは、いわゆるプラチナバンドと呼ばれる高速回線を使用し、どんなときもWiFiは2ランク落ちの低速LTE回線を使用しているので、通信速度が違いすぎて、比較自体が無意味と言えます。

これらを考えると、WiMAXのホームルーターか、ソフトバンクエアーを契約するべきでしょう。

ネットスカウター編集長
編集長
とはいえ、高速通信をそれほど必要としない方も実際は多いです。普通画質で長めに動画を見たい人などは、どんなときもWiFiのサービスは魅力的でしょう。一部の方を除けば、どんなときもWiFiもおすすめできます。公式サイトはこちらから→ どんなときもWiFi

まとめ

ドコモ光の対応エリアは、フレッツ光の公式サイトから簡単に調べることができます。
ドコモ光を利用しようか迷っている方は、まずは対応エリア内かどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

スペック、料金、特典などの最新情報を全て考慮して作り上げた、ネットスカウター自慢の回線別ランキングです。ネット契約は基本的に、「スペックが高い=料金が高い」となります。ですが全く同じ内容でも契約先(代理店)によって特典は大きく変わります。例えば、キャッシュバックが数万円も違ったり、キャッシュバックを受ける時期が一年も違ったり、1万円以上の無線LANルーターが無料だったりと、契約する代理店で特典は大きく変わります。1円でも得をする、最良の契約先のランキングです! 回線ごとにランキングしていますので、光か?モバイルか?などで迷っている方も、ぜひご参考にして下さい!

ネットスカウター CTA

光回線のこれ以上無い契約先はこちらから!

光回線比較 おすすめランキング

ポケットWifi最高の契約はこちらから!

無制限ポケットWifi比較!おすすめランキング

工事不要の置くだけWifiはこちらから!

 ホームルーター比較 !おすすめランキング 

ドコモ光 エリア
最新情報をチェックしよう!