【契約】ひかりTVとは?メリットやデメリットを利用者からの評判と共に解説!

ひかりTVは光ファイバーを使ったテレビサービス

ひかりTVは、光回線を使ってテレビを視聴できるサービスです。フレッツ光や光コラボなど、様々な光回線サービスのオプションとして展開されています。

ひかりTVは非常に多くのチャンネルを持っていますので、Netflixやamazonプライムでは物足りないという方に特におすすめです。

ネットスカウター編集長
編集長
以前は海外ドラマや映画、ナショジオ、レジャー関連がウリという印象だったスカパーですが、最近はプロ野球中継が非常に好調のようですね。確かに、日本全国で全チームのライブ中継を見られるというのはすごいことです。

Netflixなどは、契約当初は作品数も多く当分飽きないだろうと感じますが、1年も契約していると新作が出ない限り見るべき作品はなくなってしまいます。ですがひかりTVならそういう心配は皆無。常に新作が配信されるので、よほどの事がない限り飽きることはないでしょう。

以上のように、ひかりTVとNetflixなどの大手動画配信サービスは、基本的に別のジャンルと言えます。Netflixは具体的に見たい番組がある人向け、ひかりTVは常に新しいものを見たい人向けです。そう考えると、ひかりTVは地上波に近いといえます。

もちろんNetflixとひかりTVは共存(両方契約すること)も全く問題なく可能です。

ひかりTVでは地デジ以外に、BSや専門チャンネル、ビデオコンテンツなども視聴可能

ひかりTVの特徴は、たくさんのコンテンツを楽しめることです。

ひかりTVの基本放送プランでは主に地デジとBS放送(4K放送含む)を視聴できますが、対応するプランを選べば50ch以上の専門チャンネルで映画やスポーツ、アニメ、ドラマなどを視聴できるようになります。

さらに見逃し配信やいつでも見られるビデオコンテンツにも対応していて、放送時間に合わせなくても豊富なコンテンツを視聴できることも見逃せません。

テレビでたくさんの映像を楽しみたい方は、ひかりTVの導入を検討してみてはどうでしょうか。

ネットスカウター編集長
編集長
私はひかりTVを10年以上視聴してきました。✱2年前に解約し、現在はNetflixとamazonプライムビデオを契約しています。
個人的に感じたひかりTVのメリットは、画質の良さ、安定感、そして個別チャンネルの面白さです。中でも海外ドラマチャンネルのFOX、スパードラマTV、AXN、そして動物のナショジオ、歴史のヒストリーチャンネルがお気に入りでした。
デメリットはやや高い値段ですね。ですが私の意見では、料金に見合うサービスだと今も思っています。最近は値下げもされていますし、いずれまた契約するだろうと考えています。

チューナーと外付けHDDを用意すれば録画もできる

ひかりTVの視聴には、月額550円~でレンタルも可能な「チューナー」が必要です。

チューナーは外付けHDDを用意すれば番組の録画もできるので、見たい番組が放送される時間に予定があっても心配はありません。

対応するブルーレイレコーダー(HBD-WA10)やパソコン(PC TV Plusのソフトを使用)があれば、ブルーレイへのダビングも可能です。

放送された番組を手元にずっと残しておきたい時も、ひかりTVなら環境さえ整えれば通常のテレビ放送と同じように対応できます。

アンテナ不要、天候に左右されずテレビを見られる

通常のテレビ放送は、家にアンテナを設置しなければ視聴できません。

戸建住宅などでまだアンテナが立っていない場合は、設備を整えるのにお金や時間がかかってしまい大変です。

しかしひかりTVなら、インターネット回線と同じ光ファイバーを使ってテレビを見られるので、アンテナを立てる必要はありません。

ネット環境とテレビ視聴環境をまとめて整えられるのも、ひかりTVを選ぶメリットです。

ネットスカウター編集長
編集長
ひかりTVは「天候に左右されずに視聴可能」とどこでも紹介していますが、実際は違います。これは東京都内で契約していた私のケースですが、東京がひどい豪雨や豪雪に見舞われたとき、ひかりTV全てのチャンネルが視聴不可能となりました。東京でも年一回程度は大雪もあります。そしてこれは過去に何度かあったので、ひかりTVが天候を理由に視聴不可になる場合もあるのです。

ひかりTVの料金プランは4種類!視聴にはチューナーが必要

ひかりTVは4つの料金プランがあり、それぞれ月額料金や特徴が異なります。

またひかりTVを視聴するにはチューナーが必須で、チューナーも機能やレンタル料金が異なる3種類が存在しています。

ひかりTVの料金プランやチューナーについて、それぞれ解説します。

ネットスカウター編集長
編集長
個人的な意見ですが、私はレンタルをおすすめします。購入の場合、どうしても初期コストが高くなり、契約に二の足を踏む方も出てくると思います。ですがそれはもったいない! ひかりTVのコンテンツは本当に素晴らしいので、まずハードルの低いレンタルで見てみるのがいいと思います。✱ただしチューナーが大幅割引されるキャンペーンがある場合は別です。

4種類から好きなプランを選べる

ひかりTVの料金プランは4種類で、月額料金や特徴は以下の表にまとめたとおりです。

     
 お値うちプランテレビおすすめプランビデオざんまいプラン基本放送プラン
特徴テレビコンテンツとビデオコンテンツがセットになっているテレビコンテンツが充実しているビデオコンテンツが充実している地デジとBSを視聴できる
2ねん割適用時月額料金(税込)2,750円1,650円1,650円1,100円
通常月額料金(税込)3,850円2,750円2,750円×
地デジ・BS以外の視聴可能なチャンネル数50ch以上50ch以上10ch以上10ch以上
ビデオコンテンツ見逃し配信+31,000本見逃し配信+一部無料作品31,000本×

専門チャンネルとビデオコンテンツの両方を楽しみたい場合は「お値うちプラン」、片方でいい場合は「テレビおすすめプラン」「ビデオざんまいプラン」のどちらかを選びましょう。

地デジとBS放送だけ見られればいい場合は、「基本放送プラン」を選べばOKです。

基本放送プラン以外は最大2ヶ月無料で視聴可能なので、導入直後の負担を減らせます。

なおひかりTVでは、2年契約を条件に月額料金を割り引いてくれる「2ねん割」が提供されています。

2ねん割適用時は、利用開始月から24ヶ月以内に解約するか「基本放送プラン」「お手がるプラン」へ変更すると10,000円(不課税)の違約金がかかることにご注意ください。

なお上記4プランの他に存在する「お手がるプラン」は、一時的な利用休止用のプランです。

月額0円+チューナーレンタル料金で利用可能となっていて、テレビ放送やビデオコンテンツは見られません。

長期間家を空ける場合などに、必要に応じて利用してみてください。(ただし2ねん割適用時は1万円の違約金がかかるので、お手がるプランへ切り替える場合は注意が必要です)

初期費用は0円

ひかりTVは、初期費用0円で利用可能です。

チューナーを光回線の設備に接続してテレビに配線すれば導入が完了するので、工事費もかかりません。

ひかりTVは初期費用なし、さらに料金プランは基本放送プランを除き最大2ヶ月無料なので、導入直後に高額な初期費用などに悩まされる心配はありません。

2-3 チューナーレンタル料金は550円~、最大2ヶ月無料

ひかりTVを視聴するには専用のチューナーを用意する必要があり、チューナーは購入するかレンタルするかを選べます。

2020年1月現在において選べるチューナーは3種類で、価格や特徴は以下にまとめたとおりです。

 ST-4500ST-3400AM900/ST-3200
レンタル料金(税抜)770円550円550円
購入価格(税抜)37,800円30,351円×
無線LAN対応××
4K放送対応対応(BS4Kは非対応)×
※レンタル時は初期費用1,000円(税抜)が発生します。

5年以上などの長期間使う場合は購入のほうが安上がりになるケースもありますが、基本的には低価格なレンタルでの利用がおすすめです。

レンタル料金が月額770円とやや高額のST-4500はBS4K視聴や無線LANによる接続に対応しているので、コンテンツや機能の充実を重視する場合に検討してみてください。

利用金額の10%はぷららポイントで還元される

ひかりTVでは、月額基本料金の税込金額に対して10%がぷららポイントとして翌月10日頃に還元されます。

ぷららポイントはひかりTVショッピングなどのぷららが提供するサービスで使えるので、ポイントも忘れずに活用しましょう。

またプロバイダーをぷらら光にすると、さらに割引されますのでこちらも必ずご確認下さい。

こちら=ぷらら光

スマホやタブレットでコンテンツを視聴できるサービスも提供中

ひかりTVは、専用アプリ「ひかりTVどこでも」を使えばスマホやタブレットでも視聴できます。

家族が他の番組を見ているなどの理由からテレビがある部屋での視聴が難しい場合は、スマートフォン等を使って番組を見られるのもひかりTVの魅力です。

さらにひかりTVでは、ひかりTVのビデオコンテンツや、フジテレビONEなど一部の専門チャンネルの視聴ができる「スマホでTV」の利用ができるプランも展開されています。

 月額料金
エントリープラン350円
バリュープラン1000円

バリュープランのほうが視聴できるビデオコンテンツが多くなっているので、合わせて申込みを検討してみてください。

ひかりTVのメリットは?どんな人におすすめ?

ひかりTVのメリットは、主に以下の3点です。

  • アンテナなしでも放送を視聴できる(アンテナを設置する必要がない)
  • 地デジやBS、専門チャンネルに加えて、ビデオコンテンツも視聴できる
  • 録画やブルーレイへのダビングにも対応している

ひかりTVは手軽に視聴環境を整えつつ、豊富な映像コンテンツを楽しめるサービスです。

映画やアニメ、ドラマ、スポーツ中継などが好きな方は、インターネット環境の導入と合わせて利用を検討してみてはどうでしょうか。

ひかりTVのデメリット・おすすめできない人は?

ひかりTVのデメリット・注意点は、主に以下の3点です。

  • テレビ番組や配信コンテンツに興味がない人にはおすすめできない
  • 2年契約時は中途解約で違約金がかかる
  • 月額500円(税抜)などでチューナーの用意が必要

2年契約中の違約金は10,000円と高額なので、2年間しっかりコンテンツを楽しめることが必須条件となります。

料金プランに加えて、チューナーの利用料(購入またはレンタル)が必要なことにも要注意です。

ひかりTVの利用者からの評判まとめ

最後に、ひかりTVを利用している方や申し込みを考えている方からの、料金やサービスに関するSNSでの評判をまとめました。

ひかりTVの利用料金に関する評判

まずはひかりTVの利用料に関する評判です。

サービスが充実していて料金も安いと、満足している声がありました。

ひかりTV以外にも専門チャンネルなどを楽しめるサービスはありますが、利用料金の安さを理由にひかりTVを選んでいる声が見つかりました。

反対に料金が高いとして、契約を躊躇している声もあります。

利用料金に関する評判は全体的に安いという声が多く見受けられましたが、人によってはサービス内容に対して高額だと考える人もいるので、自分のライフスタイルなども考慮しつつ見極めましょう。

ひかりTVのサービス・コンテンツに関する評判

ひかりTVのサービスやコンテンツに関する声は、全体的に好評でした。

テレビの映りが悪いため、光ファイバーで見られるひかりTVへの移行を検討している声がありました。

天候が悪い時も放送を見られて、安心している声が見つかっています。

コンテンツが充実していると満足している評判もありました。

サポート対応の評判はイマイチ

問い合わせ窓口でのサポート対応は、あまり良い評判が見受けられませんでした。

サポート等の対応がイマイチとして、不満を抱いている声がありました。

説明を理解してもらえないという声も見つかりました。

サポート窓口にはイマイチな評判が多く見受けられたので、ひとまず問い合わせる前に公式サイト等を調べてみて、できるだけ自分で解決したほうが良いでしょう。

またオペレーターに正しく理解してもらえるように、事前に聞きたいことを整理して紙にまとめておくなどの準備をすることもおすすめします。

ひかりTV公式サイトはこちら↓

auひかり特集!

auひかりはハイスペック、低料金、そして高額キャッシュバックとメリットは多いです。

ですが導入できるエリアが狭い、解約違約金が高い、申し込み窓口によって特典が大きく変わるなどデメリットもあります。また申込み窓口(代理店)の中には、異常な高額キャッシュバック広告を出しているが、実は多くの高額オプションを契約しなければならない、条件が厳しすぎて結局貰えないなどの問題のある代理店も少なくありません。

そこでネットスカウターが、安心安全・そしてお得なauひかり情報をまとめましたのでご参考にどうぞ! 優良代理店・最新キャンペーン情報は必見です!

① 最新キャンペーン情報

② auひかりホームとは?

③ auひかりの口コミは?

④ セット割を詳しく!

④プロバイダのおすすめは?