Wi-Fi・2.4Gと5Gの違いは何?速度アップに効果的な使い分けを解説します!

Wi-Fiの周波数帯には、2.4GHzと5GHzの2種類がある

無線LANルーターやポケットWi-FiにおいてWi-Fi接続でインターネットをする際、ルーターから飛ぶ電波の周波数帯には多くの場合「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があります。

Wi-Fiの周波数帯にはそれぞれに異なるメリット・デメリットがあるため、必ずしもどちらか1方に絞って使えば良いわけではありません。

特徴を知り、状況に応じて使い分けることが重要です。

2.4GHz帯は壁などの障害物に強い!ルーターから離れた場所でも通信しやすい

2.4GHz帯には、電波が遠くまで届き、ある程度壁や障害物があっても接続を維持しやすいメリットがあります。

例えば広い戸建住宅などで、ルーターから離れた部屋でインターネットをしたい場合には、2.4GHz帯のSSIDを使ってインターネットに接続するのがおすすめになります。

デメリットは電波干渉を起こしやすいこと

2.4GHz帯にはデメリットもあり、電子レンジやBluetooth製品など、様々な家電製品でも同じ周波数帯が使われています。

2.4GHz対応の機器が周りにあると電波干渉が起き、接続が不安定になってしまいやすいことにご注意ください。

5GHz帯は電波干渉に強く高速で通信可能!

5GHz帯は同じ周波数帯の電波が使われる機器が少なく、他の機器の電波干渉を受けづらいメリットがあります。

家族が電子レンジを使うなどしても、接続状態が乱れる心配はありません。

さらに「11ac」という無線規格に対応しているため通信速度も非常に速く、動画の読み込みやオンラインゲームのダウンロードなどもスムーズに行なえます。

2.4GHz帯でも「11ax」という規格に対応するルーターなら11ac以上の高速通信を行えますが、新しい規格なので対応する製品が少なく、速度面では基本的に11ac対応の5GHz帯の方が有利になります。

5GHz帯は障害物に弱く、遠くまで電波を飛ばしづらい

5GHz帯のWi-Fiは障害物に弱く、周りに壁などがあると電波が不安定になってしまいます。

そして電波が飛ぶ範囲も2.4GHz帯と比べると狭いので、離れた場所だと接続しづらいのも要注意ポイントです。

ここまでの説明をまとめると、用途ごとのおすすめの周波数帯は以下のとおりとなります。

  • ルーターから離れた場所や壁などの障害物を挟んだ場所で通信するなら2.4GHz帯
  • ルーターの近くで安定した高速通信を行うなら5GHz帯

場面に応じて接続するSSIDを切り替えて、安定した高速なインターネット接続を行ってみてください。

2.4GHz帯と5GHzの切り替えはかんたん!SSIDの接続先変更で解決

Wi-Fiの周波数帯を変更するには、接続するSSIDを切り替えればOKです。

ルーターの説明書などSSIDを確認し、希望の周波数帯で通信できるSSIDをインターネット接続画面で選択し、パスワードを入力して切り替えてください。

2.4GHz帯での通信に対応するSSIDの名称は主に「○○-G」、5GHz帯は「○○-A」になっていますが、機器によっては異なる名称が使われていることもあります。

また、ルーターの管理画面でSSIDの名称を変えられる場合は、名称に周波数帯名を入れるなどして区別しやすくするのも良いでしょう。(SSIDは外や近隣の家から知らない人に見られる可能性があるので、個人名などの情報は入れないように気をつけてください)

接続するWi-Fiの周波数帯を変更しても速度が改善されない時の対処法

接続するWi-Fiの周波数帯を変更しても速度が改善されない場合は、他に原因がある可能性があります。

主な速度の改善方法を紹介するので、試してみてください。

【光回線】ONUと接続するLANケーブルを買い換える

Wi-Fi接続をするとしても、光回線の場合はONU(電気信号と光信号を変換する機器)と無線LANルーターをLANケーブルで有線接続する場合が多いです。

LANケーブルには対応する最大速度があり、古いと対応速度が遅く、契約している回線本来の実力を発揮できないこともあります。

古いLANケーブルを使い続けている場合は、買い替えてみましょう。

ドコモ光やソフトバンク光などの通常最大速度・上下1Gbpsに対応するのは、CAT5eやCAT6以降の規格です。

ルーターをより高性能なモデルに買い換える

使っているルーターが古いと最大速度が遅かったり、今回紹介した5GHz帯の高速な周波数帯を使えなかったりします。

契約しているインターネット回線が高速なのに速度を出せない場合は、ルーターを買い替えれば速度が改善される可能性がありますよ。

光回線などの固定回線だけでなく、WiMAXなどのポケットWi-Fiもルーターごとに最大速度などの仕様が異なるので、最新機種経乗り換えれば通信性能が上がります。

なおルーターと使いたい部屋が離れていて電波が届きづらい場合は、自室とルーターを置いている部屋の間にWi-Fiの中継機を置くことでも通信しやすくなります。

おすすめのルーターはこちら=おすすめの光回線ルーター4選!高性能・多機能なルーターを紹介

【ポケットWi-Fi】ルーターの設置場所を調整する

ポケットWi-Fiは外部から飛んできた電波を使って通信するので、室内だと壁などに阻まれ、電波を受信しづらくなってしまうこともあります。

ルーターの設置場所を調整し、高速で通信できるベストな位置を見つけましょう。

契約している回線を見直し、必要に応じてプランや契約先を切り替える

どうしても速度を改善できない場合は、契約しているインターネット回線のプランを見直し、必要に応じて高速なプランに変更するのがおすすめです。

例えばフレッツ光は通常最大1Gbpsで通信できますが、マンションなど建物によっては100Mbpsなど、上限が小さいプランでの契約になっていることもあります。

サポートセンター等へ問い合わせてプランを高速に切り替えられる場合は、切り替えてもらってください。

現在契約しているインターネット回線で高速なプランへの切り替えを行えない場合は、高速で通信できる他社サービスを探して乗り換えることも検討しましょう。

スペック、料金、特典などの最新情報を全て考慮して作り上げた、ネットスカウター自慢の回線別ランキングです。ネット契約は基本的に、「スペックが高い=料金が高い」となります。ですが全く同じ内容でも契約先(代理店)によって特典は大きく変わります。例えば、キャッシュバックが数万円も違ったり、キャッシュバックを受ける時期が一年も違ったり、1万円以上の無線LANルーターが無料だったりと、契約する代理店で特典は大きく変わります。1円でも得をする、最良の契約先のランキングです! 回線ごとにランキングしていますので、光か?モバイルか?などで迷っている方も、ぜひご参考にして下さい!

ネットスカウター CTA

光回線のこれ以上無い契約先はこちらから!

光回線比較 おすすめランキング

ポケットWifi最高の契約はこちらから!

無制限ポケットWifi比較!おすすめランキング

工事不要の置くだけWifiはこちらから!

 ホームルーター比較 !おすすめランキング