Rakuten UN-LIMITを解説!iPhoneで使える?エリアは?

Rakuten UN-LIMITは楽天モバイルの専用回線プラン!

楽天モバイルはドコモやauから回線帯域を借りてサービスを提供する「MVNO」というタイプの格安SIMでしたが、2020年4月より自社回線を用いた「Rakuten UN-LIMIT」がスタートしました。

ネットスカウター編集長
編集長
上記のように「楽天アンリミット」は独立した回線事業者で、いわゆる第4の携帯キャリアなので、正確には「格安SIM」ではありません。
ですが当サイトのカテゴリでは、しばらくは「格安SIM」として扱います。

Rakuten UN-LIMITの基本情報は以下のとおりです。

月額料金(税抜)2,980円、300万名まで1年間無料
通信量使い放題/パートナー回線エリア月5GB
テザリング
回線楽天回線、au回線(楽天回線エリア外時)
速度制限時1Mbpsに制限
通話料金30秒20円、Rakuten Link利用時かけ放題

まずはRakuten UN-LIMITの主な特徴について、解説します。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは使い放題・かけ放題

Rakuten UN-LIMITは、自社回線利用時に通信量の上限が存在しません。

従来の楽天モバイルは主に3.1GB~30GBの、上限ありのプランで展開されていました。

しかりRakuten UN-LIMITでは、月ごとの通信量上限がなくなっています。(公平なサービス提供のために速度が制御される場合はあります)

さらに専用のアプリRakuten Linkを利用して電話をかけた場合、通常30秒20円の通話料金は分数制限のないかけ放題となります。

通信量も通話量も無制限で、自由に使えるのがRakuten UN-LIMITの魅力です。

ただしiPhone向けにはまだRakuten Linkアプリが提供されていないため、iPhoneで楽天モバイルを利用する場合は音声通話がかけ放題になりません。(2020年4月時点)

対応端末ならテザリングも可能

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは、テザリングにも対応しています。

SNSを調査してみると、楽天モバイルで販売されているスマートフォン「Rakuten Mini」を使ってテザリングをして使っているという声が見つかりました。

テザリングを行えば楽天モバイルの使い放題回線を使って、ゲーム機やパソコンなどでも自由に通信できるため、固定回線代わりにも使いやすく便利です。

ただし、すべてのスマートフォンやタブレット等の端末がテザリングに対応しているわけではありません。

SNS等で調べてみると、一部機種でテザリングができなかったという口コミ情報がありました。

テザリングを活用したい場合は基本的に、楽天モバイルでSIMカードとセット販売販売されている=正式に楽天モバイルでの通信に対応する機種の利用をおすすめします。

楽天モバイルは日本全国の楽天回線エリア+auエリアで使える

楽天モバイルで使われる楽天回線は、2020年のサービス開始時点だとまだ日本全国へは広がっていません。

楽天回線エリアは、公式サイトのエリアマップを利用すれば確認可能です。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=top_area_02

エリアマップにおいて濃いピンク色で塗られていない部分では、楽天回線を使った通信を行えません。

楽天回線エリア外ではau回線に接続・月5GBに制限あり

楽天回線で通信できないエリアでも、楽天モバイルは通信・通話が可能です。

楽天回線に非対応の場所では、au回線を使って通信・通話を行えます。(自動的に切り替わります)

ただしau回線に接続されている際は、通信量が月5GB(~4月22日は2GB)に制限されることにご注意ください。

au回線において月5GBの通信量を使い切ると、月末までは速度が1Mbpsまで制限されますが、制限中は通信量の上限なしで通信を行えます。

ドコモなどの他大手キャリアのように極端な低速化(128kbps)は行われないので、速度制限中もSNSやネットサーフィンといった軽い用途であれば快適に通信可能です。

Rakuten UN-LIMITの対応機種は?iPhoneでも使える?

Rakuten UN-LIMITの対応機種は、限られています。

どんな機種で楽天モバイルを利用できるのか、解説します。

楽天モバイルは自社販売スマホでの通信・通話に対応

楽天モバイルでの通信・通話に対応しているのは、自社販売のスマホです。

楽天モバイルのSIMとセット購入できる、RenoA128GBやRakuten Miniなどのスマートフォンは、問題なく通信・通話を行えます。

またAQUOS zeroやAQUOS R2 Compactなど、過去に楽天モバイルで販売されていて「楽天回線対応」と説明されていた端末も通信・通話が可能です。

ただしあくまで楽天モバイルで買った機種のみが動作保証ありで、楽天モバイル以外で買った機種は、AQUOS zeroなどの「利用できる」と謳われる機種も動作保証対象外です。

iPhoneでは使えないがSNSには主にXR・XS以降で使えたという声あり

楽天モバイルは、iPhoneの動作を保証しておらず、「ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします」と公式サイトにも明言されています。

またiPhone X以前の機種に関しては、「動作しないことが確認されている」と合わせて説明されています。

ただしSNSを調べてみると、iPhone XSやXR以降の機種に関しては通信できているという声が多数見受けられました。

上記口コミでは、SIMカードを入れると自動で繋がったという報告がなされています。

しかし中には完全に問題なく動いているわけではないという声もあり、電話をうまくかけられないなどのトラブルに見舞われている口コミが合わせて見つかっています。

確実に通信・通話をしたい場合は基本的に、SIMカードと合わせて動作保証があるAndroidスマートフォンをセット購入することをおすすめします。

またiPhoneや動作保証外のAndroidスマートフォン等の場合、現時点で通信できていても、将来的にアップデートなどで非対応になる可能性もゼロではありません。

楽天モバイルは新規申し込み+MNP転入での契約に対応! 

楽天モバイルは、公式WEBサイトや日本全国の楽天モバイルショップ(実店舗)から契約できます。

運転免許証等の本人確認書類に加えて、楽天のID・パスワードや支払いに使う本人名義のクレジットカード/銀行口座が必要になるので、忘れずに用意してから申し込んでください。

新規契約だけでなく、ドコモなどの他社からMNPをして、電話番号はそのままで乗り換えることも可能です。

MNPの際は契約しているキャリアのショップ等でMNP予約番号の発行が必要、有効期限が10日以上残っている必要があることにご注意ください。

ドコモ・au回線の旧楽天モバイルからも移行可能

Rakuten UN-LIMIT開始前に展開されていた旧楽天モバイル(ドコモ・au回線)ユーザーも、メンバーズステーションへログインすればRakuten UN-LIMITに移行できます。

ただし乗り換え後は、今まで使っていたスマートフォンが楽天回線対応でない場合は、通信や通話で使えなくなる可能性もあるのでご注意ください。

移行は強制ではないため、まだドコモやau回線の旧プランを使いたい場合は無理に移行する必要はありません。

18歳未満は楽天モバイルショップから申込可能

楽天モバイルは18歳未満でも契約できますが、オンライン契約は18歳以降でなければ行えません。

18歳未満の場合は実店舗の楽天モバイルショップでの申し込みが必要、未成年は法定代理人の同意書と捺印も必須です。

また料金の支払い名義が契約者と別になる(保護者が料金を支払うなど)場合は、支払い名義人が契約者と一緒に来店する必要もあります。

楽天アンリミットの料金・お得な契約先

楽天アンリミット(楽天モバイル)の料金やセット割については別のページで詳しく解説しています。

こちら→ 【シェアNo.1】楽天モバイルの評判は?iPhoneの最新取り扱い情報!

楽天アンリミットの契約先で一番オトクなのは公式サイトです。他にはない最大級の特典がつきますので↓をご確認ください!

楽天モバイル

スペック、料金、特典などの最新情報を全て考慮して作り上げた、ネットスカウター自慢の回線別ランキングです。ネット契約は基本的に、「スペックが高い=料金が高い」となります。ですが全く同じ内容でも契約先(代理店)によって特典は大きく変わります。例えば、キャッシュバックが数万円も違ったり、キャッシュバックを受ける時期が一年も違ったり、1万円以上の無線LANルーターが無料だったりと、契約する代理店で特典は大きく変わります。1円でも得をする、最良の契約先のランキングです! 回線ごとにランキングしていますので、光か?モバイルか?などで迷っている方も、ぜひご参考にして下さい!

ネットスカウター CTA

光回線のこれ以上無い契約先はこちらから!

光回線比較 おすすめランキング

ポケットWifi最高の契約はこちらから!

無制限ポケットWifi比較!おすすめランキング

工事不要の置くだけWifiはこちらから!

 ホームルーター比較 !おすすめランキング