ネット契約の最高条件を探し出す! インターネット回線の総合サイト

マンションの光回線で利用されるVDSL方式とは?注意点や速度の改善方法

VDSLとは、電話回線用ケーブルを用いるマンション向けの配線方式

光回線をマンションで契約する際は、通信に使う光ファイバーの配線方式が「VDSL」になるケースがあります。

VDSLとは、マンション内の共有スペースまで光ファイバーを引き込んでから、インターネットを契約した各部屋へ電話回線のケーブルを使って配線を行う配線方式です。

マンション向け光回線には、光配線やLAN配線が用いられることもある

マンションでは必ずVDSL方式が使われるわけではなく、光配線やLAN配線が用いられるケースもあります。

 光配線LAN配線VDSL配線
インターネット配線のしくみ各部屋へ光ファイバーで配線される各部屋へLANケーブルで配線される各部屋へ電話回線のケーブルで配線される
速度(フレッツ光回線の場合)最大1Gbps最大100Mbps最大100Mbps

それぞれ、各部屋への配線に使うケーブルが異なっています。

VDSLのメリットは建物へのインターネット導入の手間を削減できること

VDSL方式は既存の電話回線設備を使えるため、建物にインターネット設備の導入をする手間やコストを削減できるのがメリットとなっています。

またVDSL方式で導入されるのは基本的に使い放題の光回線なので、ポケットWi-Fiなどと比べて通信量の制限が少なく、契約者が快適に通信できるのも魅力ですね。

VDSL方式の通信速度は最大100Mbpsで遅い

VDSL方式のインターネット回線における気をつけたいデメリットは、通信速度が最大100Mbpsなど遅い契約になってしまうことです。

電話回線の設備を使っているVDSL方式では、高速な光ファイバーで直接部屋まで回線がつながる光配線方式(上下最大1Gbpsなど)と比べて速度の上限が小さくなってしまうのです。

100Mbps程度のスピードでも、「軽い用途でしか使う予定がなく、通信制限を気にせずインターネットを使えればOK」というだけなら十分満足できます。

しかしオンラインゲームなどのために高速を求める人は速度が遅く感じ、ストレスになってしまう可能性もあるのでご注意ください。

現代ではインターネットが日常で使われる機会が増え、数GB~数十GBなどの大容量ファイルを個人が取り扱う場面もどんどん多くなってきています。

インターネット回線は、できれば1Gbps以上で契約したほうが安心です。

NE・松本
NE・松本
とはいえ、お住まいのマンションなどがVDSL方式にしか対応していなければどうにもなりません。一応、窓の近くなどに電信柱があれば、場合によっては光回線のホームタイプを引き込むことは可能ですが、大家さんの許可が必要になるなど面倒な事も多いです。なので、部屋探しの段階で、インターネットの接続方式を確認するのが最善でしょう。また、築30年~などの古い大規模マンションはVDSL方式が多いので、部屋探しの際は必ずチェックするようにしてください。

注意!マンションは各部屋で回線を共有するので混み合いやすい

VDSL方式に限ったことではありませんが、マンションで提供される光回線は、基本的に建物内の居住者同士で同じ光回線を共有することとなります。

結果として同じマンション内に同一の光回線サービスを契約している人が多いと、時間帯などによっては回線が混み合ってしまい、速度が遅くなってしまいます。

VDSLでは、回線混雑によるスピード低下と使われる配線方式の仕様による速度の上限の両方に注意しましょう。

VDSL方式で契約しない方法はある?光配線への切り替えはできる?

マンションで導入されている光回線がVDSL方式の場合、基本的にVDSL方式で契約するしかありません。

管理会社や大家さんに相談して同意を得られれば光配線方式に切り替えてもらえる可能性もありますが、導入には手間や金銭的負担がかかるので、すぐに切り替えてもらえるとは限りません。

フレッツ光ネクストでは2021年1月まで、VDSLやLAN方式のフレッツ光を契約している人なら光配線に無料で切り替えられる特典が提供されているなど、インターネット業者でも高速な光配線の採用・切り替えが積極的に推し進められています。

しかし切り替えにあたっては建物のオーナーが事前に建物内に光配線方式導入の設備(専用の配管)を用意しなければいけないため、既にVDSLを導入済みだと気軽には切り替えづらいと考えられます。

光配線の高速なインターネット回線を契約したいなら既に光配線のインターネット設備が導入されているマンションに引っ越すのが一番手っ取り早いです。

住んでいる・住む予定のマンションがVDSL方式でしか契約できない場合は、後ほど紹介する速度の改善方法を用いて、できる限り高速で通信できる環境を整えてみてください。

VDSLの光回線でオンラインゲームはできる?得意・不得意な用途まとめ

VDSL回線は速度の上限が100Mbps程度と低めなので、高速が求められる一部サービスの利用は読み込みが長くストレスになってしまいます。

例えばオンラインゲームをする場合、ゲームソフトやアップデートファイルの読み込みには時間がかかってしまうと考えられますね。

オンライン対戦でも、速度が出ないと操作と画面の動きがずれたり固まったりといったトラブルが起こってしまう恐れがあります。

ゲーム以外でも、クラウドストレージを利用する、大容量のPCソフトをたくさん使っているといった方は、データの送受信で時間がかかってしまうのでご注意ください。

VDSLの光回線でも動画再生やネットサーフィンなどの軽い用途なら快適

VDSLで通信する場合でも、軽い用途なら十分高速で読み込みを行えます。

例えばYouTubeなどのインターネット動画を見る程度なら、VDSLでも素早くデータを読み込めます。

ネットサーフィンやSNSも読み込むデータ容量は大きくないので、よほど回線が混み合わない限りは概ね快適に作業を進められますよ。

VDSL方式はIPv6の利用で回線混雑を避けて高速化できる

VDSLでの通信を快適に行いたい場合におすすめなのは、IPv6の導入です。

あくまで上限は100Mbpsになりますが、IPv6対応の光回線やプロバイダを利用すれば回線混雑を避けて通信できるので、速度の低下を抑えて安定した通信を行えるようになります。

例えばドコモ光をGMOとくとくBBで契約すれば、v6プラスというIPv6対応サービスを利用可能です。

v6プラスの利用には対応するルーターが必要ですが、ドコモ光のGMOとくとくBBユーザーなら無料でレンタルできますよ。

どうしても自宅の光回線をVDSLで契約しなければいけない時は、IPv6対応サービスを申し込んで利用のストレスを抑えてください。

GMOとくとくBB ドコモ光なら、転用でもキャッシュバック+dポイントがゲットできます!
詳細はこちら→ GMOとくとくBBのドコモ光

スペック、料金、特典などの最新情報を全て考慮して作り上げた、ネットスカウター自慢の回線別ランキングです。ネット契約は基本的に、「スペックが高い=料金が高い」となります。ですが全く同じ内容でも契約先(代理店)によって特典は大きく変わります。例えば、キャッシュバックが数万円も違ったり、キャッシュバックを受ける時期が一年も違ったり、1万円以上の無線LANルーターが無料だったりと、契約する代理店で特典は大きく変わります。1円でも得をする、最良の契約先のランキングです! 回線ごとにランキングしていますので、光か?モバイルか?などで迷っている方も、ぜひご参考にして下さい!

ネットスカウター CTA

光回線のこれ以上無い契約先はこちらから!

光回線比較 おすすめランキング

ポケットWifi最高の契約はこちらから!

無制限ポケットWifi比較!おすすめランキング

工事不要の置くだけWifiはこちらから!

 ホームルーター比較 !おすすめランキング 

VDSL
最新情報をチェックしよう!