ネット契約の最高条件を探し出す!

【ドコモ光料金・完全版】料金プランは5種類、安くするにはセット割が必須!

ネットスカウターのドコモ光の評価はやや辛口に出ました。ただしドコモ携帯ユーザーに限定すると、総合評価は星4.5に跳ね上がります。要するに、ドコモ光はドコモ携帯ユーザー専用と言うことです。

そんなドコモ携帯ユーザー向けのドコモ光、まずは料金プランの仕組みから明らかにしていきます!

ドコモ光の料金プラン

固定回線で違いが生じる1つの要素に「居住環境・住んでいる場所」が挙げられます。
これは「戸建て住宅」or「集合住宅(マンション)」という違いですが、これによって月額料金が異なってきます。

 
NE・松本
一般的に集合住宅(マンション)の場合、1つの回線をマンション内で共有する形を取るため、利用する時間帯や契約戸数によって通信速度が左右されます。よって、マンションタイプの回線速度は、回線事業者やプロバイダのインフラ・スペックの違いというより、そのアパート・マンション居住者のインターネット利用状況で異なるというのが実際のところです。

ドコモ光でも「戸建て住宅」「集合住宅(マンション)」の2つで異なる月額料金が設定されています。

ドコモ光が発表している基本的な月額料金は下記の通りです。
マンション4,000円 戸建て5,200円

正確にはドコモ光の料金プランは5種類あります。

  • タイプA
  • タイプB
  • タイプC
  • 単独タイプ
  • ドコモ光ミニ(戸建て住宅のみ)

タイプA・B

「タイプA」「タイプB」に関しては、「回線料金」と「プロバイダ料金」が一体となっている料金プランです。2つの違いとしては対応しているプロバイダが異なるという点です。
*プロバイダ料金は各社まちまちですが、およその目安として500円~1000円 / 月とお考え下さい。

タイプC

「タイプC」はケーブルテレビ回線の設備を利用してドコモ光のサービスを提供するという形となっており、提携しているケーブルテレビのサービスからそのまま切り替えることができます。

単独タイプ

「単独タイプ」は、「回線料金」のみのプランとなっており「プロバイダ料金」は別途支払う形となります。プロバイダを自由に選べる反面、別途プロバイダ料金が必要となるので、料金的なメリットはあまり大きくありません。

ドコモ光ミニ

「ドコモ光ミニ」は2段階の定額サービスです。1ヶ月あたりの利用通信量に応じて月額料金が変化するという仕組みになっています。

では、それぞれの月額料金を詳しく見ていきましょう。

【戸建住宅】

【戸建住宅】

プラン名契約年数(縛り期間)月額料金
タイプA2年5,200円
タイプB2年5,400円
タイプC2年5,200円
単独タイプ2年5,000円
ドコモ光ミニ2年・~200MB=2,700円
・200~1200MB=2,700円+10MBあたり30円
・1200MB~5,700円

【マンション】

プラン契約年数月額料金
タイプA2年4,000円
タイプB2年4,200円
タイプC2年4,000円
単独タイプ2年3,800円

docomo光公式HPより

表を見ても明らかなように、料金プランによって月額料金が異なります。一見すると「単独タイプ」がお得なように見えますが、これはプロバイダ料金別のプランなので、実際に利用するとかかる費用はもっと高くなります。

ドコモ光の料金プラン「タイプA」「タイプB」で選べるプロバイダは?
ドコモ光を契約されるほとんどの方が「タイプA」「タイプB」を選んでいます。提供されている料金プランの中で、最もベーシックなものでもあるため、これからドコモ光への加入を検討している場合、この2つが選択肢として有力となります。

この「タイプA」と「タイプB」の違いとしては選べるプロバイダが異なるという点が挙げられます。
それぞれのプランの対応プロバイダを一覧で見ていきましょう。

タイプA

  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • andline
  • Tigers-net.com
  • エディオンネット
  • excite
  • hi-ho
  • SIS
  • ic-net
  • SYNAPSE
  • 楽天ブロードバンド
  • @ネスク
  • TiKiTiKi
  • COARA

タイプB

  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • AsahiNet
  • wakwak
  • @ちゃんぷるネット

プロバイダによって対応エリアや加入特典が異なる!

プロバイダはインターネット回線と利用者を接続する役割を担っている事業者です。

「ドコモ光」は「回線事業者」に該当し、ドコモ光が展開するインターネット回線を利用者個々のご家庭に繋ぐのがプロバイダです。
インターネット=回線業者のイメージが強いので、プロバイダはどこを選んでも同じというイメージがありますが、結構大きな差があります。

例えば、「@ちゃんぷるネット」に代表されるようにサービス提供を行なっているエリアが限定されている場合があります。

また、回線業者とは別にプロバイダが単独で実施しているキャンペーンもあるため、プロバイダによってお得さが大きく異なってきます。
プロバイダを選ぶ際には、加入特典の豪華さで選んでいくとコスパの高い選択が可能です。

おすすめは「ドコモ光タイプA」!プロバイダは「GMOとくとくBB」!

ドコモ光は他の固定回線と比べても料金プランや選べるプロバイダの幅が広いという特徴があります。幅広い種類のサービスから自分に合ったものを選べるというメリットはありますが、逆にどれを選んでいいか全然わからないというデメリットもあります。

プロバイダを1つ1つ調べる時間もないですし、加入特典などを吟味するのは非常に面倒です。

そこで、ここではドコモ光のおすすめプランとおすすめプロバイダを紹介します。

タイプA/GMOとくとくBBがおすすめ!

GMOとくとくBBは、WiMAXやauひかりなどのネット回線を扱っているプロバイダ業者です。特徴としては、加入特典が非常に豪華というのが挙げられます。

キャッシュバック特典に魅力があり、その他のプロバイダと差別化を図っています。

ドコモ光では、「タイプA」を選んだ場合、GMOとくとくBBをプロバイダとして選ぶことができます。
どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

キャッシュバック特典

GMOとくとくBB限定で行われている新規加入者向けのキャッシュバック特典です。
ドコモ光だけに加入した場合「5,500円」のキャッシュバック、ドコモ光と同時に「DAZN for docomo」に加入すると「15,000円」ものキャッシュバックが受け取れます。

正確には、以下のようになります。

  • ドコモ光 6,500円
  • ドコモ光+ dアニメストア 11,000円 
  • ドコモ光+ dTV 11,000円
  • ドコモ光+ DAZN for docomo 16,000円
  • ドコモ光+ スカパー! 16,000円
  • ドコモ光+ ひかりTV for docomo 18,000円
  • ドコモ光+ ひかりTV for docomo+ DAZN for docomo 20,000円

無線ルーター無料レンタル

こちらもGMOとくとくBB限定特典です。固定回線でもWi-Fiが使える無線ルーターを0円でレンタルできます。無線ルーターがあれば、有線接続を行うパソコンだけではなく、Wi-Fi接続によってスマホやタブレット、ゲーム機、スマート家電といったものもネットに接続することができます。

セキュリティソフト1年間無料

セキュリティソフトの「マカフィーマルチアクセス(月額500円)」がGMOとくとくBBなら1年間無料で利用できます。

「GMOとくとくBB×ドコモ光」のキャンペーンについて詳しくは以下のURLからご確認ください。

こちらから=速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光の初期費用について

ドコモ光の利用で発生するのは「月額料金」だけではありません。サービス加入時に支払う初期費用についても見ていきましょう。

初期費用は主に「契約事務手数料」と「工事費」の2つがあります。

ドコモ光では、「契約事務手数料:3,000円」、「工事費:18,000円(戸建て)15,000円(マンション)」となっています。※転用の場合は工事費0円

また現在ドコモ光では「工事費無料キャンペーン」を行っていますので。 工事費はかかりません! 初期費用の負担が少ないというのもドコモ光のメリットですね。

では次に、ドコモ光の料金を安く出来る最大の要素、「ドコモ携帯とのセット割」について解説していきます。

ドコモ光セット割の条件

大前提としてドコモ光セット割を利用するためには「ドコモ光」と「ドコモのケータイ回線」の両方に加入している必要があります。

ドコモ光側は新規加入が適用条件となっているため、そこまで難しくありませんが問題は「スマホ側」です。

加入しているプランに応じて割引額が異なっていたり、細かい適用条件などが設定されているなど、一見するとどうすれば割引が受けられるのか?本当に安くなるのか?が、理解しづらい部分があります。

では、スマホの加入プランに分けてドコモ光セット割を理解していきましょう。

「ギガホ」「ギガライト」の場合

ドコモの新しい料金プラン「ギガホ」「ギガライト」。

データ通信量が大容量の「ギガホ」に対して、使った分だけ段階的に料金が決まる「ギガライト」。最近、ドコモへの乗り換えやプラン変更をした方はこれらのプランに加入していると思います。

この2つのセット割を適用すると割引額がどれぐらいになるのかみていきましょう。

料金プランセット割の割引額1回線の月額2回線の月額3回線の月額
ギガホ1,000円5,980円5,480円4,980円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,000円4,980円4,480円3,980円
<ステップ3:~5GB> 1,000円3,980円3,480円2,980円
<ステップ2:~3GB> 500円3,480円2,980円2,480円
<ステップ1:~1GB> 無し2,980円2,480円1,980円

docomo光公式HPより

注意したいのが「ギガライト:~1GB」プランの場合、ドコモ光セット割引は適用されない事。

そしてセット割適用条件に「光電話の加入義務」があることです。光電話は最も安いプランでも月額500円かかりますので、もし光電話を必要としない場合、特に一人暮らしの方の場合、割引額が1,000円でないと損になる可能性が出てきます。

「ギガホ」「ギガライト」なら家族全員最大1,000円割引!

「ギガホ」「ギガライト」で適用されるドコモ光セット割引で忘れてはいけないのが「家族割引」です。
これは「代表回線契約者」から三親等以内の範囲のドコモ契約者に適用される「ファミリー割引」が対象となります。
ファミリー割引は最大20回線まで登録可能で、離れて暮らしている家族でも対象となります。

ファミリー割引グループ内であれば、ドコモ光セット割引によって全てのスマホ料金が最大毎月1,000円割引となります。(割引額は加入プランに応じる:上記表を参照)

元販売員・田中ミキ
元販売員・田中
ということで、ドコモ光のセット割は、実質、複数人の家族で加入すると、大きな恩恵が受けられるといえるでしょう。逆に一人暮らしの方が受けられる恩恵は少ないという事になります。

「カケホーダイ&パケあえる」の場合

ドコモのスマホでは「ギガホ」「ギガライト」以外の料金プランも用意されています。
これらは複数人の利用者でデータ通信量を共有して利用する「パケットシェア」と呼ばれるものです。
家族でドコモのスマホを利用している場合、個々人が別々のパケットプランに加入するよりもシェアプランにした方がコスパが良くなる場合もあるのでおすすめです。

パケットパックドコモ光セット割ドコモ光セット割適用後 月額料金
※()内はドコモ光セット割適用前
ウルトラシェアパック100-3,500円21,500円
(25,000円)
ウルトラシェアパック50-2,900円13,100円
(16,000円)
ウルトラシェアパック30-2,500円11,000円
(13,500円)
ベーシックシェアパック
<ステップ4:~30GB>
-1,800円 13,200円
(15,000円)
<ステップ3:~15GB>-1,800円10,200円
(12,000円)
<ステップ2:~10GB>-1,200円7,800円
(9,000円)
<ステップ1:~5GB>-800円5,700円
(6,500円)
ウルトラデータLLパック-1,600円6,400円
(8,000円)
ウルトラデータLパック-1,400円4,600円
(6,000円)
ベーシックパック
<ステップ4:~20GB>
-800円 6,200円
(7,000円)
<ステップ3:~5GB>-800円4,200円
(5,000円)
<ステップ2:~3GB>-200円3,800円
(4,000円)
<ステップ1:~1GB>-100円2,800円
(2,900円)

docomo光公式HPより

少しプランの数が多いので複雑に見えるかもしれませんが、ご自身が加入しているプランのところだけ確認すれば大丈夫です。
「ウルトラシェアパック100」のセット割引額が3,500円と高く設定されていますが、元々の月額料金が高い(月25,000円)のでそこまで気にする必要はありません。
また、これらの「カケホーダイ&パケあえる」プランの新規受付はすでに終了しているので、これからドコモのスマホへの乗り換えを考えている人は「ギガホ」「ギガライト」だけをチェックしておけば大丈夫です。

旧料金プランでも期間限定でセット割引が受けられる!

長年ドコモのスマホやガラゲーを使ってきた人は、加入しているプランも古いものになっているはずです。上記の「ドコモ光セット割」では旧料金プランを対象外にしているため、そういった利用者にとってはあまり意味がありません。

そこでドコモでは期間限定で「旧料金プラン」や「データSパック」の契約者に対してのセット割引を実施しています。

対象となる料金プランは以下のようになっています。

  • Xi総合プラン
  • Xiデータ通信専用プラン
  • FOMA総合プラン
  • FOMA従量データプラン/FOMA定額データプラン、料金プラン(らくらくパック、データSパック、ケータイパック、パケットパックなし)

こちらのプランに加入した上で、ドコモ光を申込んだ人を対象に利用開始月を含む最大12ヶ月間、ドコモ光の月額料金が?500円割引となります。

ドコモ光+ドコモスマホでどれぐらい安くなる?

では、ドコモ光セット割を適用した上で月々の料金がどれぐらい安くなるのかシミュレーションしていきましょう。

下記条件で設定した場合、

  1. 「機種変更」:iPhone11 64GB(分割払い) 2,420円
  2. 「ファミリー割引」:未加入
  3. 「dカード払い」:利用している
  4. 「料金プラン」:ギガホ(通話オプションなし)
  5. 「ドコモ光」:マンション タイプA 2年契約あり

【通常料金(税込)】14,685円
・スマホ代:月額10,285円
内訳:端末代(1ヶ月分):2,420円、ギガホ:7,865円

・ドコモ光:月額4,400円

【適用される割引(税込)】
・ギガホ割(最大6ヶ月間):-1,100円
・dカードお支払割:-187円
・ドコモ光セット割:-1,100円

【適用後の月額料金(税込)】
・スマホ代:月額7,898円
・ドコモ光:月額:4,400円

・合計金額
1?6ヶ月目:12,298円
7ヶ月目以降:13,398円

【通常料金との差額】
1?6ヶ月目:2,387円
7ヶ月目以降:1,287円

このような結果となりました。当然ながらファミリー割引や加入プランによって割引額は上下しますが、ネットとスマホをセットで利用すれば、それなりに料金が安くなることが判明しました。

もっと詳細に知りたいという人はドコモの料金シミュレーションを使ってみてください。

こちら=料金シミュレーション

まとめ

ドコモ光が実施しているセット割引について解説していきました。
他のサービスと月額料金が同じぐらいなのであれば、セット割引を適用するためにネットとスマホは回線を揃えておいた方がいいでしょう。
そして、当然最も条件の良いプロバイダを選ぶことも必須となります。

ドコモ光を契約する場合、プロバイダはGMOドコモ光を選び、ドコモ携帯とのセット割に加入する、これが圧倒的ベストな選択です。

こちらから↓

スペック、料金、特典などの最新情報を全て考慮して作り上げた、ネットスカウター自慢の回線別ランキングです。ネット契約は基本的に、「スペックが高い=料金が高い」となります。ですが全く同じ内容でも契約先(代理店)によって特典は大きく変わります。例えば、キャッシュバックが数万円も違ったり、キャッシュバックを受ける時期が一年も違ったり、1万円以上の無線LANルーターが無料だったりと、契約する代理店で特典は大きく変わります。1円でも得をする、最良の契約先のランキングです! 回線ごとにランキングしていますので、光か?モバイルか?などで迷っている方も、ぜひご参考にして下さい!

ネットスカウター CTA

光回線のこれ以上無い契約先はこちらから!

光回線比較 おすすめランキング

ポケットWifi最高の契約はこちらから!

無制限ポケットWifi比較!おすすめランキング

工事不要の置くだけWifiはこちらから!

 ホームルーター比較 !おすすめランキング 

ドコモ光 料金
最新情報をチェックしよう!