Wi-Fi中継機の効果はある?メリットや効果的な使い方を徹底紹介!

Wi-Fiルーターは自宅の隅々まで電波を届けられないこともある

Wi-Fiルーターを使えばルーターを置いていない部屋でもインターネットができるようになりますが、必ずしも自宅の隅々までで通信を行えるとは限りません。

Wi-Fiルーターでは電波を飛ばしてスマートフォンやパソコンなどと通信を行えます。

しかし電波は壁などの障害物に弱く、遮られて接続が不安定になったり、電波自体が届かなかったりする場合があります。

ルーターの性能によっても、電波が届く範囲が変わる

電波を飛ばせる距離はルーターごとにある程度決まっていて、仕様以上の性能を発揮することはできません。

パッケージや公式サイトの説明に「2階建て向け」などの表示があるので、自宅の大きさを踏まえながらベストな性能のルーターを選ぶことが大事です。

しかし、要件を満たしていても自室に電波が届かないなどのトラブルが起こるケースはあります。

3階建てまでに対応しているものの実際は2階建ての建物でも通信圏外になってしまう建物があったりするので、ご注意ください。

どうしてもルーターからの電波がしっかり届かない部屋がある場合に試したいのが、Wi-Fi中継機の利用です。

Wi-Fi中継機があれば広い範囲に電波を届けられる!気になる効果を解説

Wi-Fi中継機は、その名の通りWi-Fiルーターの電波を中継して、より遠くまで飛ばせる機器です。

一旦飛んできたWi-Fi電波を中継機が受け取り、さらにそこから電波を飛ばすことで、今まで届かなかった範囲にも電波を届けられるようになります。

また元々届いていた範囲でも、電波が弱かった場所は中継機を使うことで万全な状態の電波を飛ばせるようになるため、通信の安定性が高まります。

Wi-Fi中継機の設置場所はどこがおすすめ?設定方法や利用時の注意点まとめ

Wi-Fi中継機の設置場所は、「Wi-Fiルーターの設置場所」と「インターネットを使いたいものの、電波が届かない場所」の中間の場所に置くのがおすすめです。

Wi-Fiルーターと中継機の距離が近すぎると電波が届く場所があまり広がらないので、ちょうど良い位置をうまく見つけて配置しましょう。

中継機の機種によっては設定ガイドがあり、電波強度を見ながら設置場所の微調整を行えるケースもあります。

注意!Wi-Fi中継機の設置場所にはコンセントが必須

Wi-Fi中継機は、電源を供給しなければ使えません。

基本的には中継機本体に直接プラグが搭載されているなどして、コンセントに接続可能です。

注意したいのは、宅内にコンセントが少ないと丁度良い場所に中継機を設置できない可能性があることです。

延長コードなどを使えば設置場所を遠くまでずらせますが、部屋の床に長いケーブルや中継機本体が置かれることになるので、外観は少々悪くなってしまいます。

Wi-Fi中継機を設置する場所がどうしても確保できない場合は、中継機でなくWi-Fiルーターそのものを、遠くまで電波を飛ばせる高性能な機種に買い換えるのも一つの方法です。

中継機の設定方法|WPS機能を使えばかんたんに接続可能!

Wi-Fi中継機を使う際は、中継機と手持ちの無線LANルーターを接続する設定を行う必要があります。

設定は一旦中継機のSSIDに接続→管理画面から中継機を既存のルーターのSSIDに接続、といった手順で行います。(機種によって異なる場合もあります)

手持ちのルーターと中継機が両方とも「WPS」という機能に対応していれば、それぞれのボタンを押すだけで初期設定が完了するので手間がかかりません。

おすすめのWi-Fi中継機は?3つの機種を紹介

Wi-Fi中継機には、高性能なモデルから安価で購入しやすいモデルまで様々なバリエーションがあります。

自分の用途に合わせて、ベストな機種を選んでみてください。

おすすめのWi-Fi中継機を、3種類紹介します。

Wi-Fi6対応のハイスペックWi-Fi中継機・RE505X/A

RE505X/A

RE505X/Aは、無線LANルーターなどを手掛ける大手メーカー・TP-LinkのWi-Fi中継機です。

Amazon価格6,900円
サイズ74.0×46×124.8mm
最大速度1200Mbps
主な特徴Wi-Fi6対応、WPSボタン搭載、LANポート搭載

価格は約7,000円と、Wi-Fi中継機としては比較的高めのモデルとなっています。

RE505X/Aは常にルーターと中継機をつなぐ最適な経路を選択しながら通信でき、さらに「Wi-Fi6」という最新の通信規格に対応しているので、速度も最大1200Mbpsと高速です。

さらに有線LANポートが搭載されているので、PCやゲーム機などを中継機本体と有線接続できるのも見逃せません。

有線接続なら通信がWi-Fiよりも安定するので、オンラインゲームなどをする際もより快適になります。(ただしWi-Fiルーター本体と中継機はWi-Fi接続になるので、ルーターと直接有線接続するよりは安定性が劣ります)

予算が多少かかっても良いので中継機を使った通信をできるだけ高速・快適に行いたい場合は、RE505X/Aを検討してみてください。

最安値(送料無料)= TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 RE505X/A

3,000円台の激安で十分な通信速度!WEX-1166DHPS/N

BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS/N

WEX-1166DHPS/Nは、無線LANルーターや外付けHDDなどのPC周辺機器を広く展開しているバッファローが手掛けたWi-Fi中継機です。

Amazon価格3,980円
サイズ65×95×40mm
最大速度866Mbps
主な特徴Wi-Fi5対応、WPSボタン搭載、LANポート搭載、設置ガイド対応

WEX-1166DHPS/Nは価格が4,000円程度と安いながらも、Wi-Fi5の通信規格に対応しているため最大866Mbpsでの通信を行えます。

有線接続にも対応しているので、ゲーム機などをできるだけ安定して接続させたい場合も安心です。

設定用アプリに設置ガイド機能があり、ベストな位置に中継機を置けるのも見逃せません。

サイズが小型で、コンセントの下のポートに接続すれば上側が塞がらないのも嬉しいポイントです。

Wi-Fi5より高速な「Wi-Fi6」での通信には非対応ですが、できるだけ安く高速な通信環境を広げたい場合はWEX-1166DHPS/Nを検討してみることをおすすめします。

最安値(送料無料)= BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS/N

2,000円・性能そこそこの激安中継機・TL-WA850RE

TL-WA850RE

TL-WA850REはTP-Link製の無線LAN中継機で、価格が約2,000円と非常に安いのが最大の魅力です。

Amazon価格2,010円
サイズ110×65.8×75.2mm
最大速度300Mbps
主な特徴WPSボタン搭載、5GHz帯非対応、LANポート搭載

Amazonでセールが開催されているタイミングでは、2,000円を切ることもあります。(例:2021年の初売りセールでは1,580円で販売)

価格が安くサイズも小さいTL-WA850REですが、代わりに速度が最大300Mbpsと遅めであるデメリットもあります。

1Gbpsなど高速なインターネット回線を契約している場合は、最大速度が下がってしまうことにご注意ください。

またTL-WA850REは、今回紹介したWi-Fi中継機で唯一「5GHz帯」での接続に対応していません。

5GHz帯は壁などの障害物に弱い代わりに速度が速く、電子レンジなどによる電波干渉荷物良いのが魅力です。

TL-WA850REが対応する2.4GHz帯だと障害物には強いですが、その分速度が遅めだったり、電波干渉を起こしやすかったりします。

以上のことから、性能を求める場合は他の機種がおすすめになりますが、とにかく安くWi-Fi中継機を手に入れたい場合はTL-WA850REを検討してみてください。

最安値(送料無料)= TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 TL-WA850RE

無線LanルーターやWifi中継機などが必要になり、いざ買うとしても一般の方からすると「何を変えばいいかイマイチよくわからない・・」となりますよね。

そこでネットスカウターでは、Wifi関連機器の解説をいつものように「わかりやすく」「詳しく」行っています! おすすめ人気機種の最安値情報もアップしていますので、ぜひご参考にして下さい。

① 無線Lanルーターのおすすめは?

② うちでWifiを使うには?

③ Wifi中継機とは? 人気機種は?