ネット契約の最高条件を探し出す!

【初心者向け】簡単!自宅でwi-fiを使う方法

まず、自宅でwi-fiを利用するのに必要なものについて、最初のステップを確認しましょう。

自宅でWi-Fiを使用するために必要なのは、

  • インターネット回線
  • Wi-Fiのルーター(無線LANルーター)

この2つ です。
インターネット回線を、Wi-Fiルーターを使用して電波を飛ばすことで、自宅のどこにいてもインターネットが使用できる環境になります。

インターネット回線には4つの種類がる

  1. 光回線:光ファイバーを利用しており、通信速度が安定して速い特徴があります。
  2. ADSL:電話回線を利用しており、利用料金が安い特徴がありますが、通信速度が不安定で遅いという特徴もあります。
  3. CATV:ケーブルテレビの回線を利用しており、スピードは光回線より劣り、利用料金はADSLより高い特徴があります。
  4. モバイルルーター:持ち歩くことができるポケットサイズ。料金形態や通信速度はモデルによって選択可能なため、外出先での利用に適しています。

どのインターネット回線を使用するかによって、通信速度や利用料金が変わるため回線の選び方も重要になります。その中でも光回線は、通信速度が優秀で利用料金もそこまで高価ではないため、比較的バランスの良いインターネット回線です。

通信速度が安定している光回線!その種類と工事方法とは?

「光ファイバー」のケーブルを使用した回線のことを、光回線と呼びます。光回線の種類は、NTTが提供しているサービスと電力会社が提供しているサービスがあります。

そして、この2社のどちらかの光回線を利用したインターネットサービスは、「フレッツ光」や「ソフトバンク光」・「auひかり」などが代表的です。光回線会社(回線事業者)を選ぶ時は、通信速度や利用料金などを比較して選ぶようにしましょう。

また、光回線は住んでいる建物によって工事の方法が異なります。

戸建住宅の場合は、まずインターネットの回線を引く工事が発生します。開通工事が完了すると、モデム機器を経由しLANケーブルでWi-Fiと繋ぎ、使用できる環境が整います。

マンションなどの集合住宅の場合は、共用スペースまで開通工事が完了しているケースがほとんどです。そのため、光回線のWi-Fiを使用する時は、コンセントのLANポートにケーブルを繋ぎ、Wi-Fiに繋ぎ合わせると利用環境が整います。

戸建住宅よりも集合住宅の方が、比較的簡単に光回線のWi-Fiを利用することができます。しかし、集合住宅の場合は使用する通信会社に注意が必要なケースがあります。それは、階数によって利用できる戸数の制限がある通信会社があるため。条件を満たしていないと利用できないケースもあるので、注意しましょう。逆に、戸建プランがない通信会社もあるので、自分が住んでいる建物に適しているか、しっかりと理解した上で決めるようにしましょう。

Wifi 自宅 使い方

通信速度や利用料金ももちろん重要ですが、光回線を選ぶ時は利用できる回線かどうか確認することも重要です。自分が住んでいる建物形態と通信速度や利用料金を総合して、自分にあった光回線を選ぶようにしましょう。

コスパ抜群の「モバイルWi-Fiホームタイプ」!メリットとデメリットとは?

モバイルWi-Fiのホームタイプは、数多くあるモバイルWi-Fiの中でも、通信速度が最も速く、そのうえ使い放題のプランがあります。*3日で10Gの制限はあります。 そのため、Wi-Fiを比較した時に速度通信と利用料金のバランスが最もよく、コストパフォーマンスもよい反面、外では利用ができない難点があります。

メリット

速度通信が速く、使い放題プランがあり。利用制限を気にすることなく、通信速度が速いWi-Fiを求めている人のに、もっとも適しているWi-Fiです。また、工事を行う必要がないため、簡単に利用を開始できます。場合によっては、光回線エリアの対象外でも使用できます。

デメリット

モバイルWi-Fiホームプランは、コンセントに繋いだまま使用できるWi-Fiです。充電切れの心配はありませんが、その反面持、持ち歩き用のWi-Fiとしては不向きです。外出先でWi-Fiを使用したい時は使用できません。また、高速で安定しているといっても、それはモバイルWifiの中での話です。光回線に比べると、速度・安定感共に劣ることは間違いありません。

モバイルWi-Fiの中で代表的なものが、「WiMAXのホームタイプ」や「ソフトバンクAir」です。ルーターは、家具にマッチしやすくおしゃれなものが多いです。WiMAXはauとのケータイ割が利用でき、ソフトバンクAirはソフトバンクのケータイ割が利用できます。では、「WiMAXのホームタイプ」と「ソフトバンクAir」のメリットとデメリットをみていきましょう。

WiMAXホームタイプ・ソフトバンクAirのメリットとデメリット

【WiMAX】
メリット
 ・月額の利用料が安い
 ・通信速度が速い
 ・時間帯による通信制限がない
デメリット
 ・3日の間に10GB以上の利用があると速度制限が発生する
 ・対象エリアが限られている

【ソフトバンクAir】
メリット
 ・通信量による速度制限がない
 ・対象エリアが広い
デメリット
 ・時間帯によってランダムで速度制限がかかる可能性がある
 ・外出先での使用ができない

通信速度と利用料金のバランスの良さでは、WiMAXを選ぶ方がお得ですが、1度に使用するデータ通信量が普段から多い人は、ソフトバンクAirがおすすめです。

ホームルーターの詳しい解説、お得な契約先は↓のページで解説していますので、併せてお読みください。

こちらから→ 【最新・辛口】2020 工事不要のホームルーター比較 !おすすめランキング

モバイルルーターは外出用?自宅で利用するメリットとデメリットとは

モバイルルーターを使用するメリットは、持ち歩きが気軽にできる点です。また、複数のデバイスで同時に使用することができます。そのため、外出先での使用頻度が高い場合や、転勤が多い人にはおすすめのWi-Fiです。また、固定費を節約したい場合にもおすすめです。

しかし、モバイルルーターのWi-Fiを自宅で使用する場合は、あまりおすすめできません。なぜなら、モバイルルーターのWi-Fiには、エリアの制限があります。自宅がサービスを受けることができるエリアの範囲外である場合、インターネット回線に繋がりにくい場合があるためです。

自宅で使用するWi-Fiとしては、モバイルルーター以外のWi-Fiを選ぶようにしましょう。

自宅Wi-Fiには光回線を!すべてにおいてバランスのとれた通信環境に

自宅で使用するWi-Fiは、断然光回線がおすすめです。光回線は、通信速度や利用料金、使用できるエリアにおいてバランスの取れたWi-Fiです。

光回線は、通信も安定しているためインターネット回線に繋がりにくいという現象も起きにくくなります。しかし、選ぶ通信会社によってメリットとデメリットが異なります。光回線の中でも、自分がどの程度使用するのか理解した上で比較することが大切です。

自宅で快適な通信環境を手に入れたい場合は、光回線のWi-Fiを利用するようにしてください。

光回線のおすすめプロバイダ、お得な代理店情報は下記ページで詳しく解説しています!

こちらから→【最新・辛口】光回線比較!おすすめランキング

スペック、料金、特典などの最新情報を全て考慮して作り上げた、ネットスカウター自慢の回線別ランキングです。ネット契約は基本的に、「スペックが高い=料金が高い」となります。ですが全く同じ内容でも契約先(代理店)によって特典は大きく変わります。例えば、キャッシュバックが数万円も違ったり、キャッシュバックを受ける時期が一年も違ったり、1万円以上の無線LANルーターが無料だったりと、契約する代理店で特典は大きく変わります。1円でも得をする、最良の契約先のランキングです! 回線ごとにランキングしていますので、光か?モバイルか?などで迷っている方も、ぜひご参考にして下さい!

ネットスカウター CTA

光回線のこれ以上無い契約先はこちらから!

光回線比較 おすすめランキング

ポケットWifi最高の契約はこちらから!

無制限ポケットWifi比較!おすすめランキング

工事不要の置くだけWifiはこちらから!

 ホームルーター比較 !おすすめランキング 

Wifi
最新情報をチェックしよう!